大和エイドリアン賞

大和エイドリアン賞

科学共同研究支援の大和エイドリアン賞2013 –

基金は3年に一度、日英の共同研究チームの科学的研究を対象として、この賞を贈呈しています。

申請締め切りは2013年6月7日でした、本年の授賞式はロイヤルソサエティにおいて11月27日に行われます。

大和エイドリアン賞は、純粋科学の分野、又は応用科学の分野で、日本と英国の研究チーム間における共同研究を賞するものです。対象分野は物理、化学、数学、コンピューターサイエンス、工学、農学、生物学、薬学研究、そして 考古学、地質学と実験心理学の科学的な面です。

大和エイドリアン賞は、科学的なクオリティと過去の業績に基づいて審査されますが、日英関係への貢献度も、長期的観点から考慮されます。

1992年に設定された後、著名な科学者でもあり基金の創立理事で、この賞を積極的に支援していたエイドリアン卿を記念して名称を変更しました。

これまで445,000ポンドを 76 チームに授与しました。英国の36機関、日本の37機関の計75機関を代表するチームの皆様に授与しましたが、これは両国の科学者による成果の種類の多さや幅広さを示していると思います。

大和エイドリアン賞2013年–受賞チーム

Chemonostics:加齢に関連する病気の迅速診断に資する新規センサーの開発

機関: バース大学、バーミンガム大学、 九州大学,首都大学東京、北九州大学

日本チームリーダー:九州大学 教授 新海 征治

英国チームリーダー:Professor Tony James, University of Bath

新海教授;

「我々はこの日英プロジェクトの成功が、洞察力に富み、生産的かつ高付加価値な連携に繋がって行くことを望んでいます。 大和エイドリアン賞の受賞を現在までの共同研究のマイルストーンと見なして、将来の研究指針を確立し、この賞の名声に恥じないように重要なヘルスケア装置を世に出して行きたいと考えています」。

概日時計による光合成機能の調節:葉緑体で行われる光合成と概日時計システムを結ぶメカニズムの発見と、植物の生産性や光合成活性を最適化するための体内時計や環境シグナルの役割解明に向けて

機関: ブリストル大学、エディンバラ大学、千葉大学、東京工業大学.

日本チームリーダー: 千葉大学 教授 華岡 光正 

英国チームリーダー: Dr Anthony Dodd, University of Bristol

華岡教授;

英国における研究パートナーであるAntony Dodd博士と共にこの度の大和エイドリアン

賞2013を受賞できたことに心より嬉しく思います。今後、両研究グループ間における

連携がさらに深まり、日英共同研究がより進展していくことを願っています。

12CaO∙7Al2O3(C12A7)は結晶構造に起因するユニークな電子状態に着目し、電子

ドーピングで、絶縁体から金属まで伝導性制御に成功。電子ドープC12A7は安定な初めてのエレクトライド(電子化物)となり、その材料科学の領域を拓いた

機関: ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、東京工業大学

日本チームリーダー:東京工業大学 教授 細野 秀雄 

英国チームリーダー: Professor Alexander Shluger, University College London

シュルーガー教授;

「ロンドン大学UCLのチームを代表してレディ・エイドリアン、サー・ピーター・ウィイリアムズ、ジェイソン・ジェイムス、そして王立協会の皆様に感謝申し上げます。御蔭様で、東京工業大学の同僚との長年にわたる実りの多い連携を支援してくださるこの名声の高く寛大な賞を頂くことができました。

この研究と連携の主要な結果の1つは英国と日本で若い研究者の成長と友情を促進したということでした。それがこの賞によって認められました。若い研究者たちは、このプロジェクトの後にもこの連携を続けていくでしょう。大和日英基金にこの連携のポテンシャルを認めてくださったことに改めて感謝いたします。」

福井県水月湖の年縞堆積物中には、樹木に由来する葉の化石が多く含まれている。これらの化石の放射性炭素年代を測定し、かつ年縞の計数によって正確な年代を特定することで、放射性炭素年代の較正モデルを確立した

機関: ニューキャッスル大学,オックスフォード大学、 NERC放射性炭素ファシリティ, アベリストウィス大学, 名古屋大学, 千葉商科大学, 大阪市立大学、東京大学

日本チームリーダー: 名古屋大学 教授 北川 浩之

英国チームリーダー:ニューキャッスル大学 教授 中川 毅

北川教授;

「私は大和エイドリアン賞の受賞を非常に光栄に思っています。放射性炭素年代測定法方法を開発するという私の夢が今日かないました。私の仕事を常にサポートしてくれた私の同僚、友人、家族に感謝の気持ちを伝えたいと思います。私はこの賞を受賞できてとても嬉しいです。私たちを選び信頼していただき、ありがとうございます。」

中川教授;

「日本の水月湖の年縞堆積物を用いて、放射性炭素較正曲線を延長することを目的にした日英共同プロジェクトチームの英国側代表として、この場にいることを非常に光栄に感じております。大和エイドリアン賞の受賞者として私たちを選んでいただき、本当にありがとうございました」

2010年大和エイドリアン賞

2010年の大和エイドリアン賞は、2010年12月2日に英国王立協会で授与式を行いました。式典には理事長のジョン・ホワイトヘッド卿、王立協会副会長でもある理事のピーター・ウィリアムス卿をはじめ、基金の理事が出席しました。 参加者は、今回の受領チームのメンバーと科学者の皆様でした。

賞は故エイドリアン卿夫人によって手渡されました。 故エイドリアン卿は基金の前理事でもあり、1992年にこの賞を創設しました。

大和エイドリアン賞2010年–受賞チーム一覧

ヒトに病原性をもつ公衆衛生上重要なウイルス(特にHIV (エイズウイルス)とC型肝炎ウイルス)の流行の起源と流行発生のメカニズムおよびその国際的伝播の経路・時間的推移の解明

University of Oxford, 国立感染症研究所
Dr Oliver Pybus (Team Leader), 博士武部豊 (チームリーダー)

光子を用いた量子情報科学・技術。ミクロの世界を支配する量子力学の性質を、本質的に利用する新技術の開発を目指す。光子一粒一粒に情報を載せることで、量子コンピュータなど、情報通信・処理への大きな革新が期待される

University of Bristol 北海道大学、大阪大学
Professor Jeremy O’Brien (Team Leader), 教授竹内繁樹 (チームリーダー)

宇宙論における非線形揺らぎ

University of Portsmouth, 京都大学
Professor David Wands (Team Leader), 教授佐々木節 (チームリーダー)

皮質神経細胞とガンマ振動の非線形ダイナミクス–細胞モデルからネットワークモデルへ:統合失調症、アルツハイマー病やてんかんなどの脳疾患の理解へ貢献する、脳内ネットワークの基礎的働きに関する知見の進歩。

University of Cambridge, Harvard University, Karolinska Institutet,東京大学, 大阪大学
Dr Hugh Robinson (Team Leader), 授合原一幸 (チームリーダー)

ゲノム解析による植物-病原菌相互作用の解明:効率的な植物病防除をめざして

The Sainsbury Laboratory, 岩手生物工学研究センター
Professor Sophien Kamoun (Team Leader), 博士寺内 良平 (チームリーダー)

偏微分方程式の相空間解析:この共同研究は,偏微分方程式によって表現される自然科学の様々な領域における主要な性質を解析し,またその目的のために相空間解析の手法を高度に築き上げることを目指すものである

Imperial College London, 名古屋大学, 東海大学, 山口大学, 大阪大学
Professor Michael Ruzhansky (Team Leader), 教授杉本充 (チームリーダー)

 

Photographs courtesy of Yannick Lalardy

Photographs courtesy of Yannick Lalardy