総合案内

大和スコラーシップ

大和スコラーシップは、日本での日本語学習、研修、ホームステイというユニークな19ヵ月のプログラムです。

大和スコラーシップは、優秀な若い英国市民で英国の次世代の指導者に、日本語学習の機会と、将来の職業に関連する専門知識を習得するための奨学金を提供します。

事前の日本滞在や日本語学習の経験は、必要ありません。

2015年5月には大和スコラーの修了者は 153なります。それぞれ科学者、アーティスト、研究者、弁護士、建築家等々として大和スコラーシップの機会を活かしてきました。

大和スコラーシップは、日英両国間のより良い理解を深めるための奨学金制度です。

大和スコラーシップ2016の申請申込締切日は、2015 12月3(木)です。

オンラインでの申請は2015年9月中旬から可能です。

プログラム内容

期間

大和スコラーシップの期間は20ヵ月で、毎年8月に始まり2年後の3月末に終わります。

オリエンテーション

最終的に選考された大和スコラーは9月中旬に英国でオリエンテーションを受け、その後は日本で過ごします。到着早々に、東京事務局でもオリエンテーションが行われます。

日本語学習(1ヶ月目から12ヶ月目)

すべての大和スコラーは日本の東京日本語学校(長沼スクール)で集中的な日本語学習を行います。他に補完的なコミュニケーション・スキル・クラスも行います。15ヵ月後には中級の上レベルまで達することが期待され、日本で日本語能力試験(JLPT)のN2を受験します。

日本語能力試験のN2は 上から二番目のレベルで困難ではありますが達成できるレベルの試験です。受験者は 高レベルの文法の理解、漢字、語彙、会話能力、そして読解力が必要です。

セミナー ( 2-3ヶ月目)

英語による日本についてのセミナーを週一度法政大学で実施しています。 これは日本の生活、文化、そして社会を紹介する目的で行われています。

ホームステイ (13ヶ月目)

一年目の最後に、東京を離れてホームステイのご家族と過ごします。日本語の上達と日本をさらに理解する上で欠かせない時間になっています。

職場体験研修 (14-19ヶ月目)

基金はそれぞれのスコラーのキャリアプランに従って、個々の研修先をアレンジします。これまでに、政府やNGO, 大学、シンクタンク、メディア、建築設計事務所や法律事務所にお願いしています。

高いレベルの日本語力は、研修の成功に不可欠です。

 修了

この奨学制度の最後には東京での修了式があります。大和スコラーはそれぞれ日本語でスピーチを行います。その後は全員自動的に大和スコラー同窓会のメンバーとなります。

Naganuma School (external link)

JLPT (external link)

Hosei University (external link)

出願資格

大和スコラーシップに申請するためには次の条件が必要です。

- 英国の市民権を有すること

- 来日時に 21歳から35歳であること

申請者は次を満たしていなければなりません。

- 出発時に大学卒業または卒業見込みであること

- 科目を問わず成績優秀、又は各自の分野で何かを達成した記録があること

- 将来の職業に明確な目的があること、日英関係のさらなる発展に貢献すること

*日本言語研究課程の卒業生は大和スコラー出願対象外となるので、別途基金の助成金プログラムに申請してください。

 

報酬

学費

基金は奨学金に係わる全ての学費、受験料を負担します。

奨学金

大和スコラーは、一年に ¥3,120,000 の奨学金を生活費として支給されます。 日本で報酬を得る仕事はしてはいけません。

旅費

基金はスコラーシップ期間の始めと終わりにエコノミークラスの航空券を用意します。

滞在施設

来日して数週間は 基金が用意した都心の宿泊場所に泊ります。 この間に、 スコラーは自分の住む部屋を見つけます。

医療保険

全員、日本の国民健康保険に加入の義務があります。 さらに、スコラーが日本にいる期間については、標準的な医療保険を用意します。

大学訪問

スコラーシップの紹介のために基金の代表する数名、又はスコラーの同窓会の中のメンバーが英国の大学を秋学期に訪問して説明します。時期が近くなりましたら、詳細をこちらに発表します。